観光情報



川和の獅子舞

 
 由来は詳らかでないが、長野県の諏訪神社関係の人が明治の初めに、川和と尾附に教えにきたと言われている。大正の半ば頃、獅子舞は廃れていたが、江川一松という目の不自由な人が笛をよく知っていて、村人にお囃子を教え獅子舞を復興させたと言われている。一人立で三頭の獅子舞である。宿から子供獅子がスリ出して七庭舞ってから集落を一巡し神社に行き、大人達と交替する。舞台で七庭舞い終わると神社から降りてきて翌年の宿にスリ込みをする。宿は順番に務めてきたが、最近ではスリ出しスリ込みはお寺を使うようになった。

back

お問い合わせ/上野村商工会
  群馬県多野郡上野村大字川和11 Tel.0274-59-2254 Fax.0274-59-2465
  E-mail : ueno2254@uenomura.ne.jp