観光情報

観光マップ

をクリックしてください
 
[ 道の駅 ]
 
この道の駅「上野」は、群馬県内で初めて設置された道の駅です。同じ敷地内に、森林組合の銘木工芸館や JAの直売店・レストランがあります。また、道の向かい側には、森林科学館や十石そばの店もあって、 ドライブの合間に立ち寄るには最高の所。 道の駅
 
[ 上野スカイブリッジ ]
 
不二洞とまほーばの森を結ぶ壮大な吊り橋。橋の高さは90メートル、長さは225メートル。 歩行専用の吊り橋としては日本有数のスケールを誇ります。幾重にも連なる雄大な山々を見渡しながら 歩くと、まるで空中を散歩しているような気分になります。 上野スカイブリッジ
 
[ 不二洞 ]
 
不二洞は、石灰岩の大地が雨水や地下水に浸食されてできた鍾乳洞で、洞窟の長さ2.2キロメートル は、関東一の規模を誇ります。小洞窟が入り組んだ迷路のような内部は、年間を通じて約10度に保たれ、 夏場は天然の冷蔵庫のようです。 不二洞
 
[ まほーばの森 ]
 
森林浴コースと、長期滞在ができる山小屋風コテージが10棟ある森林公園で、別天地の雰囲気を楽しめ ます。
 
[ 全国郷土玩具館 ]
 
古来から日本人に親しまれている木や土、紙などの素材で作られた全国各地の郷土玩具1万5千点を収蔵。
素朴なあたたかみを持つ郷土玩具を見ているだけで、やさしい気持ちになれます。また、上野村の春の行事で 国の重要無形文化財の指定を受けた「おひながゆ」もジオラマで再現されています。
 
[ 中正寺のしだれ桜 ]
 
比叡山延暦寺より移植されたと伝えられる樹齢500年以上のしだれ桜。根廻り約8メートル、高さ約26 メートルの巨木です。四方に張り出した枝に花が満開になった時は、神流川の清流と相まって実に綺麗です。
花の色は淡紅色で、4月中旬が見頃です。
 
[ 旧黒澤家住宅 ]
 
18世紀中頃に建築された旧黒澤家住宅は、大規模な切妻建築。当時の上野村周辺は徳川幕府の天領で、 この地を取り締まる大総代(大庄屋)に任ぜられたのが黒澤家でした。代官が使用した4つの部屋や、三ヶ所 の玄関などから、黒澤家の果たした役割の重要さがうかがえます。

[ 夢學館・上野村現代美術館 ]
 
現在、日本画家坂本幸重先生の日展特選作品 日本画「異国の町で」(F150)他、洋画家李志宏先生の第61回一水会展新人賞受賞作品「朝のひかり」(F100・油彩)、第89回日本水彩展奨励賞受賞作品「真夏」他、群馬大学教育学部教授富沢秀文先生の油彩画「山麗の春」(赤城)、故根立国夫先生の水彩画「背戸の雪」(F50)他、木工芸家富田文隆先生の大時計「四方の鐘」、テーブル等、展示しております。

[ 浜平温泉 しおじの湯(日帰り温泉) ]
 
四季折々の自然を静かに映し出す神流川の清流の河畔にたたずむ日帰り温泉です。山間の清流のほとりでの入浴は、のんびりと気分をリフレッシュさせ、最高の休息になるでしょう。
泉質は弱酸性低張性冷鉱泉で露天風呂もあります。

[ TEPCO神流川発電所見学ツアーステーション ]
 
神流川最上流部に建設中の神流川発電所は、平成17年12月22日に1号機(出力47万KW)が運転開始しており、今後さらに2号機から6号機が完成し、運転を開始すると世界最大級の揚水式発電所となります。この発電所が見学できます。
 menu


お問い合わせ/上野村商工会
  群馬県多野郡上野村大字川和11 Tel.0274-59-2254 Fax.0274-59-2465
  E-mail : ueno2254@uenomura.ne.jp